あいおんのあゆみ

本園は1917年(大正6年)9月、

聖公会(英国 国教会系)の宣教師 あいおんのあゆみ.jpg

ジェームズ・チャペル師により

日本聖公会水戸聖ステパノ教会の付属事業として

開設され、茨城県下における幼児教育の草分けのひとつとして出発しました。

 

以来、90余年、5,400名におよぶ園児をはぐくみ、

幼児教育の推進のために、

その役割を果たし現在に至っています。

5,400人の園児が巣立っていきました.jpg